ボリンジャーバンドの憂鬱:トレーダーとして戦う武器の原理を理解する(2)

正規分布に従わない株価の問題を解決する、件のトレーダーのセミナーや山崎元氏の本で提唱されている方法がある。

偶然の共通性だとは思えず調べてみると、金融工学の世界で用いられる、データの定常性を確保するための非常にメジャーな方法だった。

それは、「階差を取る」という方法。


当日の株価(終値)から前日の株価を引いた値を使って各種ファクターモデルを構築する。

通常の経済変数は1階階差を取ると定常過程に従う、という知見に依拠する考え方だ。


株価のような時系列データは一般的に非定常であるため、そのままのデータで分析すると諸々の不都合生じてしまう。

たとえば、ランダムウォークに従う変数同士を回帰させたとき、回帰係数の値が統計的に0でない値になり、高い決定係数を示したりなど。

そこで、階差を取って定常性を確保するのだ。


ここから共和分の関係にある2銘柄を用いてペアトレードに展開し、ユニバース内リターンリバーサルの特性を活用したロングショートポジションでポートフォリオを組成、重層的にエッジを獲得するトレード手法が有名だが、それはまたの機会に。


さて、実際にTOPIX指数終値の階差を取り、ヒストグラムを描いてみる。


株価のヒストグラムと比較すると、断然こちらの方が正規分布らしいと感じるだろう。

定量的にみると、歪度は-0.4とほぼ均質で問題なし。

尖度は5.5と、ヒストグラムを見てもわかるように尖り気味だ。
(※エクセルで計算したため尖度の基準は3ではなく0となる点に注意。)


より正規分布に近づけるための、前述の著名なお二方が使っている正式な方法がある。

以降は読者自身で調べてみよう!

最終形状はこのような感じでとても美しい。





2 Responses to “ボリンジャーバンドの憂鬱:トレーダーとして戦う武器の原理を理解する(2)”

  1. リコルド より:

    いつも拝見させて頂いております。
    メルマガ登録させて頂きましたが、こちらのコンテンツ
    過去コンテンツの閲覧はどうすれば良いのでしょうか?
    よろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

本ブログ主の取り組みなど

【コンテンツ企画「天地万有」】

この企画の詳細はメルマガにて!

現在渾身主催で鋭意開催中!


【トレードスクール座談会】

この会のつづきはメルマガにて!

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

※各種企画は基本メルマガで告知し募集をかけます。ちょっとでも興味のある方は是非メルマガに登録の上、その運命のときを待て!

トレードスクール需要調査経過

システムトレーダー兼コンテンツマーケター兼データサイエンティストがお送りする超上質な講義とハイレベルで情熱的な仲間が集う日本一の学び舎
「HighFAIトレードスクール」

スクールカリキュラムのご案内

第八期開催の需要調査を実施中!
「トレードスクール需要調査」

次期開催希望者 1名/16名

開催希望者が16名に達し次第オリエンテーションを実施します。 本物の学びを得、トレーダーとしての飛躍を遂げたい方は是非!

過去のトレードスクールの模様

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ