ダウの犬投資法:異なるトレーダーの共通性からエッジを見出す



「ダウの犬」という投資法がある。

1991年、ファンド運用会社の経営者であるマイケル・オヒギンズが提唱した投資法だ。


この投資法はいたってシンプル。

NYダウ指数の構成銘柄30種のうち、配当利回りの高い上位10銘柄を等しい資産配分で買い、1年ごとに再評価を行って銘柄を入れ替える。


配当利回りは配当÷株価なので、配当が一定の場合、一時的な株価下落により利回りは高くなる。

配当を出す銘柄なのでファンダメンタル的な問題ではなく、一時的な需給により株価が下落したと考えられる。

したがって、そのタイミングを突っ込み買いする、いわゆる逆張りの思想に基づく。


これが、1957年から2006年までの50年間、配当再投資後のリターンで、年平均+14.1%と、ダウ平均の+11.9%を上回っているという。


だが、期間を変えて1996年から2011年で日経新聞社が検証したところ、4勝12敗と大きく負け越しており、平均リターンも負けていた。


さて話は変わるが、この発想は例のカリスマトレーダーの提唱するリターンリバーサル戦略と共通の思想を内包していることに、記事を書きながら気が付いた。

彼のDVDをお持ちの読者は、それを踏まえて再度見返すと新たなる発見があるだろう。

こういう見返して学び返せるトレーダーは稀有なので、是非また表舞台に出てきてほしいところ。


ヒントは「データの尺度」。


答え合わせはまたいづれ、どこかの機会にて。

それまで頭をフル回転して考えてみよう。

儲けの種が満載!シストレ脳を刺激するHighFAIメールマガジンの登録はこちら
日本最高峰を自負するトレード技術の学舎!HighFAIトレードスクール
渾身や全国から集まる熱意ある生徒と学びたい方は需要調査にご協力を
サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ