引値ギャランティー取引による証券会社の錬金術と絞られ続けるサラリーマン



インデックスファンドのような大口機関投資家が証券会社を通じて注文を出す際に使われる取引方法のひとつとして、「引値ギャランティー取引」がある。


これは、あらかじめ双方で契約した銘柄、数量を決められた日の引け値で引き渡す取引。

インデックスファンドはトラッキングエラーをゼロにでき、証券会社は手数料をもらえるので、一見Win&Winの取引に見える。


ここである銘柄を10万株、その日の引け値で引き渡す契約を結んだとしよう。

寄りから1,000円前後で推移していた対象株を、証券会社は前場で5万株程度をコツコツ買い続ける。

残り5万株を引け間際数秒で一気に買い上げ、1,050円で引けたとする。


簡単のため、前場5万株の平均買い付け単価を1,000円、後場5万株の平均買い付け単価を1,030円とすると、証券会社の平均買い付け単価は、(1,000円×5万+1,030円×5万)÷10万=1,015円となる。


証券会社は1,015円で仕入れたこの10万株を、契約通り1,050円でインデックスファンドに引き渡す。

すると、(1,050円-1,015円)×10万=350万円が、手数料とは別に証券会社の懐に流れ込む。


昔から行われてきた証券会社のお小遣い稼ぎで、インデックスファンドも当然認知している。

だが、彼らが恐れるのは絶対リターンの減少よりもトラッキングエラーという悲しい宿命を持つ。

かつ、インデックスファンドの収益源は出資者からの信託報酬や手数料なので、実は信託財産が目減りしてもさほど痛みは感じない。


では誰がLoserなのかというと、当然その出資者である。

インデックスファンドの信託財産の原資は主に年金や退職金、つまり最大のLoserはサラリーマンということになる。


かつて自分がサラリーマンだったころ、確定拠出年金の説明会があった。

自分はそんな官民が結託した詐欺に騙されるつもりはなかったので、パンフレットをそのままゴミ箱に捨てたのだが、同僚達は興味深げに聞き入っていた。

あまりに不憫だったので、上記の説明をして思いとどまらせたのだが、正確には理解していなかったようなので、彼らが現在どうしているかはわからない。


無知、ただそれだけで懲罰的な扱いを受けるのがこの資本主義社会。

社会に食い物にされたくなければ、自分の知らない知識は常にあると知り、決して概念拡張の流れを止めてはならない。

儲けの種が満載!シストレ脳を刺激するHighFAIメールマガジンの登録はこちら
日本最高峰を自負するトレード技術の学舎!HighFAIトレードスクール
渾身や全国から集まる熱意ある生徒と学びたい方は需要調査にご協力を
サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ