100円支持線ブレイクシステム:波頭を捉えるトレーダーの鬼の錬金術




まだ日本の金融市場も未成熟で牧歌的だったころの話。


かつては(今も?)額面で100円を切る銘柄はボロ株と呼ばれていた。

出資者への情報をつまびらかに開示することが誠意だと思われていたのか、優良株のみをポートフォリオに組み込むファンドは、100円を切る銘柄を採用しない旨をディスクローズしていた。


ここで巨額の資金を動かすことができ、あるファンドに採用されている100円を今にも切りそうな銘柄を知ったとする。

さて、読者ならどう動くだろうか。


倫理的な面を除けば、当然手元にある巨額の資金で思いっきり空売りを浴びせ、99円に分厚い指値売り注文を入れ蓋をするだろう。

そうしておいて、そのファンドに電話をかけ「グォラ!!目論見書で言っていることとやっていることが違うぢゃねーか!!あぁ!?※★○・・・」と延々ハードクレームを入れたのち、「誠意とは何かね?」と文太を召喚して電話をそっとおろす。


ファンドマネージャーたちは狼狽し、泣く泣く手持ちの99円株を投げ売るので、その玉に事前の売り玉をぶつけて一丁上がりという塩梅。


今ではそんな間の抜けたファンドはないが、相場の世界は今でも細かいほころびは意外と存在している。

ただ、自分がそういう話を耳にした時にはすでに賞味期限が切れる寸前だったりするので、まだまだ情報感度が低いのだと自省することしきり。


ということで、そんな面白ネタをご存知の方がいれば、こっそりメールでも(笑)。

悪魔に魂は売ってまで儲けようとは思わないけどね。

サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ