儲けのタネを探る:立会外買付取引(ToSTNeT-3)(2)



立会外買付取引の特徴としては、まず実施頻度の高さがあげられる。

適宜開示速報を見ていると、時期の偏りはあるが月の半分以上は実施されている模様。

システムトレーダーとしては、この試行回数の多さは期待値への収束の観点から魅力的だ。


ただ、検証はしていないが、おそらくエッジが存在していてもそれほど強力なものではないだろう。

いくつかの事例を眺めてみると、立会外買付は事前に買い手と売り手の合意がある場合がほとんど。

つまり、大株主から株をマーケットの外で受け渡すだけなので、株価に対して理論的には中立となる。


逆に公募増資や一部指定などの強力なエッジを持つイベントは発生頻度が低い。

したがって、低頻度強エッジのイベントを収益の軸にして、資金が遊んでいるタイミングで高頻度弱エッジ(と考えられる)このイベントを仕掛けられると理想的だ。


理論的に株価中立のイベントなので検証する意欲は湧きづらいが、頻度の魅力もあるためとりあえず仮説までは考えてみるか。

儲けの種が満載!シストレ脳を刺激するHighFAIメールマガジンの登録はこちら
日本最高峰を自負するトレード技術の学舎!HighFAIトレードスクール
渾身や全国から集まる熱意ある生徒と学びたい方は需要調査にご協力を
サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ