公募増資に関わるオーバーアロットメントが株価に与える影響の収益化仮説(1)




検証のモチベーション喚起のための儲けのタネ出しシリーズ。

特に公募増資時のオーバーアロットメントに関連して何か出てきそうな気がしたのでまとめる。

仕組みが少々複雑ではあるが、だからこそその難解さが参入障壁になるため、調べる価値あり。


「オーバーアロットメント」とは、公募、売出の際に予定株数を大きく上回る需要が発生した場合に追加で株式を売り出す制度。

主幹事証券会社が一時的に株式を大株主等から借り、公募、売出と同等の条件で追加的に投資家に販売する。

その後、借りた株式を様々な手段で調達して返済。

追加で販売する株式数は公募、売出株数の15%が上限と定められている。


さて、このままでは主幹事証券会社が売出後の株価変動リスクを背負うことになる。

彼らはあくまでも手数料が欲しいのであって、特に大企業の場合、背負うリスクが巨額になるため、なんとか避けたいところ。

そこで、株が上げても下げても損失が出ない、というか場合によっては儲けが出る非常に興味深い(ずるい?)ポジションを組成して対応している。


こういうきな臭い状況には収益の源泉が眠っている可能性大。

カイジが「沼」というパチンコを攻略しようと考えたきっかけは、そのパチンコ台に存在する“イカサマ”を嗅ぎ付けたからだ。


上記のような視点で推理を働かせると、株式市場に蠢く魑魅魍魎の制度を知りたくなってこないかな?(是非そうあってほしい!)

サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ