労働市場のレジームを感知しスイッチする:現代の労働者のあるべき立ち回り方(1)


書籍:チャート分析の真実 吉見俊彦

現在、メルマガ限定コンテンツを随時追加している。

夕凪さんとの対談に加え、そこで出てきたトレードに役立つ内容を自分なりに深掘りして動画解説を盛り込む予定。

新たなトレードの概念に触れて自分のトレード思考を高めたい読者は是非登録して欲しい。
(※登録して配信されていない場合、迷惑メールに入っているかもしれないので確認を。)


さて、現在までに設定している、夕凪さんとの対談第二回を聞いていての一番のキーワードは「レジームスイッチ」であろう。

一般的にはレジームスイッチングモデルとも呼ばれる。

詳細はメルマガの方で解説するが、簡単に説明すると、何かしらの判断基準に基づいて相場状況を判断し、それに適合したトレード戦略を実行するというものだ。


この考え方は、我々の労働のあり方に関しても有用な示唆を与えてくれる。

現代はすで情報経済が物理経済を圧倒的に凌駕している。

したがって、現物を生産する労働に支払われる報酬は、再生産コストぎりぎりまで低減する。


一方で情報にうまく価値を付与してレバレッジを効かせた労働は、青天井の報酬を目指すことが出来る。


毎度おなじみ天才DRM青年も、情報ビジネスは“超ぬるい”業界だと言い放つ。

口の悪い彼の言をそのまま引用する。

“この業界はマジで雑魚ばっか!!お前ごときが月収300万も稼ぐかぁ~!という雑魚がうようよしている。40人のクラスで下から4番目レベルの脳みそしかねぇくせによ!!”


確かに、情報を売る業界の人間のレベルはお世辞にも高いとはいえない。

読者がサラリーマンなら、その会社で見所のある、30歳で年収800万を稼ぐ人物の方が遙かに優秀だ。

仁知勇を兼ね備えたその人物は、クラスで3本の指に入っていただろうが、稼ぎの額では、下から4番目の人間に遙かに劣る現実が今確かにある。


現代において、優秀なはずの彼が見落としてしまったもの、見えていないものはいったい何なのだろうか?

儲けの種が満載!シストレ脳を刺激するHighFAIメールマガジンの登録はこちら
日本最高峰を自負するトレード技術の学舎!HighFAIトレードスクール
渾身や全国から集まる熱意ある生徒と学びたい方は需要調査にご協力を
サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ