システムトレードに己の意思を介在させるためのチャートリーディングの技法(2)


チャートリーディングを考えるとき、決して「テクニカル分析」と混同してはならない。

そこには本質的かつ決定的な違いが存在する。


売買判断のための情報をデータから抽出する手続きという点では、両者は同じだ。

差異は、情報の抽出を脳の外で行うのか、中で行うのか、の一点のみ。


テクニカル分析は平均や分散などを計算機で算出してデータを縮約、内包される情報の密度を高める。

密度の高まった情報を観察することで、生のデータを観察するよりも紛れの少ない判断が可能となる。


チャートリーディングでは、あえてその生データを、まんま脳内にインプットする。

脳は多入力一出力の巨大な関数。

不完全情報ゲームにおいて、その時空間認識能力および関数近似能力は、現代でも人工知能を遙かにしのぐ。

チェスで人間を寄せ付けないアルゴリズムを開発した天才たちが、なぜフクシマに作業用ロボットを送れなかったのか、我々はチューリングマシン以降いったい何をやってきたのかと、前非を悔いたという。


その巨大な関数は同時に、己の感性の発露であり、よき未来をいかに生きるべきかを示現してくれる道しるべだ。

ならば、テクニカル分析によって関数の大半を外部にアウトソースするのは、あまりにももったいない。


今でも、“コツンと音がしたので、ガッっと買って、スーッと上がったからサッと売り抜けた”と宣いながら、恒常的に巨額の利益を得ているトレーダーがいるらしい。

自分の場合は期待値優位なタイミングやユニバースを選定した後のチャートリーディングを模索していきたいので、さすがに感性のみに頼ったトレードはしないが、何とも勇気づけられる話ではないか。


将棋や囲碁など完全情報ゲームでは、名人が計算機に負ける日が刻々と近づいているが、トレードの世界はまだまだ升田幸三が現役で戦える。


そんな世界で飽くなき興味を持てる今に感謝して、これからガッツリと技を磨いていこう!




コメントを残す

サブコンテンツ

超極秘手法プレゼント!

驚天動地!
ストップ高を先回りする方法
フルバージョン動画は メルマガ にて無料プレゼント中!

トレードスクール需要調査経過

システムトレーダー兼コンテンツマーケター兼データサイエンティストがお送りする超上質な講義とハイレベルで情熱的な仲間が集う日本一の学び舎
「HighFAIトレードスクール」

スクールカリキュラムのご案内

第八期開催の需要調査を実施中!
「トレードスクール需要調査」

次期開催希望者 4名/16名

開催希望者が16名に達し次第オリエンテーションを実施します。 本物の学びを得、トレーダーとしての飛躍を遂げたい方は是非!

過去のトレードスクールの模様

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ