一目均衡表の時間論、波動論、水準論、対等数値で株価チャートを読み解く(3)


次に波動論。

—–wikiから引用—–

・I波動 上げ一本の相場。
・V波動 上げて・下げる相場。
・N波動 上げて・下げて・上げる相場。
・P波動 時間の経過と共に高値は切り下がり、安値は切り上がる相場。いずれどちらかに離れる。
・Y波動 時間の経過と共に高値は切り上がり、安値は切り下がる相場。いずれどちらかに離れる。
・S波動 下げた相場が以前の高値の水準にて反発、上昇をする相場。

———————-

一目均衡表の基本は3波動のN波動。


波動論はあくまでも大きな相場の流れを捉えるだけなので、それ自体が基準を与えてくれるわけではない。

次に解説する水準論、対等数値とセットで考える。


水準論、対等数値。

・E計算値 安値Aから高値Bまでの上昇幅を高値Bに加えるもの。=B+(B-A)

一目均衡表 E計算値

このE計算値がターゲット価格の基本となる。

継続した上昇が続く場合、直近の主要な上昇幅を波動エネルギーの1単位考える。

その上昇幅の対等数値および整数倍の価格をターゲットとする。


8月株主優待銘柄の7520エコス。

株主優待銘柄 7520エコス

直近高値682円、直近安値602円から、第一ターゲット価格は、

682円+(682円-602円)=762円

と計算できる。


直近高値682円をブレイク後、勢いに乗って上昇したが、7月1日にターゲット価格762円にてピタリと止まった。


7月1日と2日の日中10分足を見ると、762円の攻防が見て取れる。

株主優待銘柄 7520エコス

7月1日はターゲット価格762円を死守していたが、7月2日の寄り付き、抗しきれずにターゲット価格達成。

したがって、この戦いは買い方勝利で終了。


特に新高値を取ってきた銘柄などは、どこで決済するかの基準設定が難しい。

この水準論に基づくターゲット価格が、ひとつの基準設定の指針となるだろう。

儲けの種が満載!シストレ脳を刺激するHighFAIメールマガジンの登録はこちら
日本最高峰を自負するトレード技術の学舎!HighFAIトレードスクール
渾身や全国から集まる熱意ある生徒と学びたい方は需要調査にご協力を
サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ