基準値を引き上げる:飛躍を目指すためのパラダイムシフトの起こし方



「基準値を引き上げる」

先日終了した富豪の会の先生の言葉だ。


先生自身も、やっと月収100万円を超えてきた頃、師事していたある方に「すでに600万の実力はあるので、3か月以内に600万必達で。」と、サラッと言われたという。

先生の強みはその素直さにあり、信頼している人からの言であれば疑わずに取り組む。


100万を600万に引き上げるには、100万を稼ぐ方法論のブラッシュアップでは到底無理で、思考や行動のパラダイムシフトが要求される。

実はそれこが重要なポイントなのだ。

苫米地英人も、「目標は現状の認識の外に置け」と主張する。


高さ3メートルの天井に手を着けられる人が、3メートル10センチの目標を与えられれば、足腰を鍛えるための筋トレや走り込みを行うだろう。

だが、10メートルを目標としたならば、もはや自分のフィジカルを鍛えるだけでは不可能だと悟り、たとえばハシゴを用意したり、ひもをつるして登ったり、気球を用意したりと、まったく新しい手段を模索し始めるはずだ。


先生もゼロベースから戦略を考え直し、既存の取り組みの優先度を変え、その目標をクリアした。

現在はさらにケタがひとつ違う世界に突き抜けている。


自分が安定収入源を絶ったのも、この富豪の会での気づきに拠るところが大きい。

サラリーマンの給料で生活を安定させつつ、既存の技術に少しずつ磨きをかけ、副収入が給料を上回ったら自立しよう。

善良で親身を装うアドバイザーは皆そう言うだろう。


だが、彼らは、相手がチャレンジに失敗した時の責任を背負いたくないから、無難なアドバイスしかしないのだ。

本音では現状維持を望む大衆が納得できるだけの行動しない理由を与え、しかもダウンサイドリスクを最小化するアドバイス。

アドバイザービジネスとしては、この無難な言葉を投げかけることで、高いシャープレシオが実現できる。


しかし、そんなドリームキラーの言葉を真に受けていては、一生飛躍はないと断言できる。

現状の認識の外まで基準値を引き上げ、自分の認識にない方法論を考え付かなければ達成できない、そんな目標設定だけが人間の飛躍を可能にする。

孤独の闇に包まれ、恐怖で足がすくみ、連日深夜に目が覚める、そんな目標でなければ何の意味もない。


現状+αで満足できるのであれば強要はしない。

そこにも幸せの種はきっとあるだろう。


自分は高い基準をクリアした者にのみ参加が許される世界に行きたいと思っているから、無理やり基準値を引き上げた。

見える風景、触れる情報、関わる人々、その変化の胎動をかすかに、だが確実に、今感じる。

儲けの種が満載!シストレ脳を刺激するHighFAIメールマガジンの登録はこちら
日本最高峰を自負するトレード技術の学舎!HighFAIトレードスクール
渾身や全国から集まる熱意ある生徒と学びたい方は需要調査にご協力を
サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ