実践!集合知トレーディング:シストレの新たな造形を模索する(2)



集合知の代表例としてよく引き合いに出されるのが「牛の体重当て」の事例。


適当な重さの牛を連れてきて、大衆に公開する。

彼らは牛に対する専門知識はない。

その彼らに、見た目の印象だけで牛の重さを判断させ、紙に書いてもらう。

それを集計して平均すると、その牛の体重にきわめて近い値が弾き出されたという。


このことから、マネジメント次第で専門家と同等以上の知性を無知な集団が持ちうることが示唆できる。


そのマネジメントの肝が「思考の独立性」。

異なる境遇や価値観、能力を持った人間が各々の考えをもとに対象に対する知見を披露する。

ひとりひとりの知見はきちんと的を得きれないかもしれないが、それらの重心は真の解の近傍に位置する。


これが共通の理論を学び、高いレベルの等質なスキルの専門家だと、知見の分散が小さい分、LTCMのごとく、的を外すときには致命的に外してしまうこともある。


ここで、株式のポートフォリオを思い浮かべた読者はセンスがよい。

さらにトレードシステムで考えるならば、独立したエッジを持つシステムを多数平行運用することで、トータルとして堅牢なシステムになるという、お馴染みの考え方だ。


それを人間でやろうという試みが今回の集合知トレーディング。

第0期の準備は今しっかり進めているので、その流れや結果のアウトラインはこちらで報告しよう。

ものすごく儲かるシステムが構築された場合は、さすがに核となる部分は伏せるが。


興味を持った読者にはその上質なコミュニティへ参画する機会を設けようと思うので、それまでアンテナは錆びつかせないように。

サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ