意識の無意識化、無意識の意識化:質的に異なる上達のプロセス(1)


トレーダーとして上達するにはどうしたらよいのか。

素材が正しい前提で話を進めよう。(この前提がそもそも厳しいのだが。)


通常の勉強やスポーツにおいては、局所的にパーツを身に着けそれを統合するのがセオリーだ。


自分は昔柔道をやっていたことがあり、地域ではかなり強い道場だった。

準備体操が終わると、個々人のテーマとなる技をひたすら繰り返し練習する。

その後、人間を相手に一定の流れの中でその技をかける練習。

最後に、乱取りで実戦における技のかかり具合を試す。


最初の繰り返し練習は柱や自転車のチューブを使っているので、ひたすら自分との対話の時間。

体の各部分の動きに対して、ときには鏡を見ながら、多数のチェックポイントひとつひとつに意識を集中させる。


対人の練習になると、毎回変わる相手の体格や体重、クセがありながら、短い時間で技をかけなければならないため、すべてのチェックポイントは意識できない。

重要な少数のチェックポイントのみに意識を集中させ、枝葉の部分は無意識に任せる。


乱取りになると、相手もこちらの都合に合わせてはくれないので、意識できるチェックポイントはせいぜい1つか2つに限られる。


この流れで練習を続けていると、今まで意識していた部分が徐々に無意識に変わっていき、最後は習得した技が反射的に試合の中で出せるようになる。


このように、初心者から駆け上る段階においては、「意識の無意識化」が絶対的な方法論といえるだろう。

いかなる分野においてもこのプロセスは普遍であるため、これからシステムトレードを学ぶ読者は、まずは意識の無意識化を念頭に励むとよいだろう。(具体的に何をどうやるかはまたの機会に。第六期生は実際のカリキュラムにて。)

よきご縁を頂かんことを。




コメントを残す

サブコンテンツ

超極秘手法プレゼント!

驚天動地!
ストップ高を先回りする方法
フルバージョン動画は メルマガ にて無料プレゼント中!

トレードスクール需要調査経過

システムトレーダー兼コンテンツマーケター兼データサイエンティストがお送りする超上質な講義とハイレベルで情熱的な仲間が集う日本一の学び舎
「HighFAIトレードスクール」

スクールカリキュラムのご案内

第八期開催の需要調査を実施中!
「トレードスクール需要調査」

次期開催希望者 5名/16名

開催希望者が16名に達し次第オリエンテーションを実施します。 本物の学びを得、トレーダーとしての飛躍を遂げたい方は是非!

過去のトレードスクールの模様

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ