セクターローテーション戦略:景気循環(シクリカル)投資は有用か?(2)


景気動向を何かしらの指標で判断できるとした前提において、

②景気動向に対応したセクターをどのように選定するか

を考える。


調べた結果のセオリーとしては下記のようになる。


Ⅰ.拡大期

資本財需要が高まることから、機械、鉄鋼・非鉄、素材・化学、エネルギー資源。


Ⅱ.成熟期

消費の拡大により、自動車・輸送機、電機・精密、小売。


Ⅲ.後退期

金利が頭打ちになり低下していく流れから、銀行、保険、不動産。


Ⅳ.停滞期

景気に左右されない生活必需品である食品、医薬品、電力・ガス。


このセオリーに倣うと、2013年の上げ相場はⅡの成熟期に属するセクターが他のセクターをアウトパフォームすると考えられる。


そこで、TOPIX-17の当該セクターを対象とした2013年のリターンを調べてみた。


不動産がトップで、エネルギー資源が最下位。


傾向がわかりづらいので、各時期毎の対象セクターの平均値を計算し、TOPIXとの差分を取ってみる。


成熟期に強いはずのセクターがTOPIXと大差ないリターンとなった。

もっと深堀りすれば何か出てくるのかもしれないが、自分のシストレアンテナがまったく反応しないため、これ以上深追いしない。


無限に存在する分析すべきデータの取捨選択は、最後には経験と勘、既存知識との親和性に拠る。

セクターローテーションは自分のアンテナには響かなかったので、久々に魂が抜けた格好になった。


夕凪さんも昔の書籍の中で、自分がその分析に熱中できるかどうかを重要な判断基準にするべし、とおっしゃっていたのはこういうことなのだろう。

次回、5月23日の座談会でこのあたりも聞いてみよう。


ちなみに、夕凪さんに座談会の音声録音を打診したところ快諾いただいた。

こちらの模様はメルマガ限定でお送りする予定。

本気でトレードを勉強したい方、袋小路にはまって抜け出せない方はこちらから登録して、楽しみに待っていてほしい。
(もちろん無料!ステップメール形式で配信するので、いつ登録しても視聴可能。)

儲けの種が満載!シストレ脳を刺激するHighFAIメールマガジンの登録はこちら
日本最高峰を自負するトレード技術の学舎!HighFAIトレードスクール
渾身や全国から集まる熱意ある生徒と学びたい方は需要調査にご協力を
サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ