朝四暮三の猿は時間を味方につけた優れた投資家




「朝三暮四」

≪語源由来辞典より一部引用≫—————-

朝三暮四は、中国の『列子(黄帝)』や『荘子(斉物論)』に見える故事に由来する。


中国の春秋時代、宋の国に狙公という猿好きの老人がいた。

猿が増えて家計が苦しくなったため、飼っている猿に与える餌を減らそうと考え、狙公は「これからはトチの実(どんぐり)を朝に三つ、暮れに四つやる」と言った。

猿が「少ない」と怒ったため、「朝に四つ、暮れに三つやる」と言い直したところ、猿はとても喜んで承知したというものである。

この故事から、結果は同じなのに表面的な利害にとらわれることや、そのようにしてだますことを「朝三暮四」と言うようになった。

—————————————-


さて、本当にこの猿は結果は同じ事象に感情的になる愚か者なのだろうか。

投資家の観点で考えたとき、朝四暮三を要求した猿は極めて合理的である。


オプションには「セータ」というパラメータがある。

オプションプレミアムは時間経過によって減少していき、その減少額の1日分を表すパラメータがセータだ。


株式トレードにおいて時間の価値を体感することは難しいが、オプションでポジションを組成すると、いやでも時間の持つ価値を感じずにはいられないだろう。

「Time is Money」を体で学ぶにはオプショントレードを一度経験してみるとよい。


件の猿が投資家ならば、寄り付きから引けまでの時間を使って、先に獲得したひとつ分のどんぐりを投資してセータを剥ぐことだろう。

1年250営業日で換算するならば、朝四暮三の猿は朝三暮四の猿に対して250個分のどんぐりから生み出される多額の利潤を享受するのだ。


時間は価値を持つ。

ゆめゆめ1000年前の中国の猿に負けぬよう精進を怠るな。

サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ