適時開示情報から儲けの種を探る:自己株式の取得方法(2)



自己株式取得のIR資料をつらつら眺めながら様々な角度から思考を張り巡らせる。

機械にはできない、あるいはプログラムが困難な作業を意識しつつ、人間の認識能力の優位性が発揮できるかを考えながら検証にあたることが重要。

プロ棋士が本因坊秀策の棋譜を一手ずつ並べながら熟考するがごとく。


気付いたのは、取得方法の部分で主に4つのバリエーションが存在する点。

①記述なし
②信託方式による買付
③市場買付
④相対取引


①は自己株式取得のみを宣言して、取得方法は都度開示する。


②は企業が信託銀行に委託して必要な株を買ってもらう。

企業が直接買うことも可能でありながら、なぜあえてコストをかけて委託するのか。

それは、自ら買い付けようとするとインサイダー取引を防止するため様々な証券取引法の規制を受け、オペレーションが煩雑になるのと、意図せず法に抵触するリスクの回避が主たる目的。


③は(東証)市場を利用して自己株式の取得する方法。

これにもバリエーションがあある。

1.オークション市場における単純買付け
2.事前公表型のオークション市場における買付け
3.事前公表型のToSTNeT-2(終値取引)による買付け

市場の厳格なルールに基づいて買い付けるため、法に抵触するリスクはない。


1は立会時間内における、不特定多数の株主を相手にした取引。

2は立会時間内における、特定株主をメインにした取引だが、他の株主も参入可能。

3は前日、当日前引け、当日引けの株価で立会外での取引。

取引規模や特定株主の有無を勘案して、どの方法で取引を行うか決める。


④は文字通り、特定の株主との1対1の取引。

市場を通さないため、直接的な需給には関係しないはずだがどうか。

固定株とみなされる株主かどうかで微妙に違うかも。


同じ自己株式の取得にも上記のようなバリエーションがあり、直近の株価へのインパクトも異なると考えられる。

幸い十分なサンプル数が確保できるため、パターンごとに層別化して検証してみると面白い結果が出るかも!?

儲けの種が満載!シストレ脳を刺激するHighFAIメールマガジンの登録はこちら
日本最高峰を自負するトレード技術の学舎!HighFAIトレードスクール
渾身や全国から集まる熱意ある生徒と学びたい方は需要調査にご協力を
サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ