富を積み上げるもう片輪:システムトレードで勝つ思考に通ずる個人の税の話(3)



システムトレーダーとして直接的な節税を考える場合、法人化という選択肢がある。

個人事業よりも経費の認められる範囲が広がったり、家族を取締役にして収入を分散、税率を下げる、などだ。


ただ、日本は主要先進国の中でも株式の売却益に対する課税率はかなり低い。

イギリスは40%、ドイツやフランスは30%、アメリカは現在景気対策で分離課税にしているが、本来は総合課税で50%近い税率となる。


実際、私のトレードスクール生で専業で法人化している生徒に話を聞いたことがあるが、節税効果は微妙だとか。

税理士を雇って法人を維持するだけでも50万以上かかるので、売却益2、3千万程度だとさほど意味はなさそうだ。

残念。


強いてメリットを挙げるなら、株と先物、オプションの損益が通算できるくらいか。

ただ、これも現在は日経平均インバースを買うことでヘッジ機能を果たせるので、メリットは昔よりも薄い。


当面は普通に20%支払いつつ、他の収益源と並行してコツコツ富裕層に近づいていこう。

サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ