それでも人と関わりながら働くことを選択するシステムトレーダー(2)



労働収入が忌避される理由には、まず搾取の問題がある。

労働に対する正当な対価を得られないため、どれだけ頑張っても豊かになれないと感じてしまう。

「はたらけど はたらけど猶わが生活楽にならざり ぢっと手を見る」とは『一握の砂』における石川啄木の言。


たが、最大の理由は自らの労働の意義を見出せないことだろう。


現代は業務が高度に細分化され、最終的なアウトプットに対して自分の労働の貢献度を測ることが難しくなっている。


また、実体経済の数倍の信用創造がなされていることから、可視化されないアウトプットが増大。

いったい自分は何を生み出しているのかさえ感じられない仕事に、日本を含む先進国の労働者は従事している。

その最たるものが、我々が取り組んでいる金融市場におけるトレーディング。


「市場に流動性を与え、世界経済における資本の最適化を図っている」との志で売買しているトレーダーはいない。

すべては私利私欲に帰着する。


労働において社会との関係性を見出せず、かつその利得が自分にしか向かない。

長年その意義を自他ともに問い続けてきたが、どうしても答えが見つからなかった。


消去法として、少なくとも労働者の労働がいかなる構造で収益を生み出しているのかを定量モデルとして提示し、その構造を組織として円滑に運用するための体制構築を目的として自分のデータマイニングスキルを活かすことを錦の御旗とし、働くことを決意した。

サブコンテンツ

トレード歴:18年
パフォーマンス:
年利30~60%を10年以上継続中
職業:データサイエンティスト
居住地:東京
年齢:40歳前後

イベント投資の第一人者「夕凪」さんの思考と技術に渾身が鋭く切り込む音声対談。 明日から直接使えるテクニックや専業トレーダーとしての心得など、何度も繰り返し聞いて欲しい内容が満載。 トレードスクールの座談会として実施した企画でもあるので、その熱の籠もった雰囲気も同時に楽しんで欲しい。

このつづきはメルマガにて!

「トレードスクール需要調査」
次期開催希望者10名/15名でオリエンテーション開催
スクールカリキュラムのご案内 過去のトレードスクールの模様

「HITPカリキュラムのご案内」
次期開催希望者1名/2名でオリエンテーション開催
オリエンテーション仮申し込み

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ