「2014年1月」の記事一覧(4 / 7ページ)

「集合知トレーディング」は実現可能か?:コモディティ化していく人間の尊厳を取り戻す挑戦(2)

トレードスクールで学ぶべきターゲット像を2軸の評価基準で明確にしている。 ひとつの軸は自分の未来に対するセルフイメージがクリアな人。 すなわち自分は将来こういう事業を起こしたいんだ!というイメージを、それこそ牛革の社長の椅子の匂いさえも感じるほどの人であればウェルカムだ。 どちらの熱がより高温か、ぜひ競争しようではないか! ただし、こうい・・・

「集合知トレーディング」は実現可能か?:コモディティ化していく人間の尊厳を取り戻す挑戦(1)

そろそろ開催したいトレードスクール第六期の構想を夢想中。 今期のテーマは「集合知」。 ソーシャルメディア全盛の今、時代を先んじて取り組みを成功させたいところ。 最近はよく「個の時代」が喧伝される。 組織に属さなくても一人で毎月数十万、数百万稼ぐ人間も増えてきており、今後もその趨勢は変わらないだろう。 私自身もシストレ関連とは異なるそういっ・・・

儲けのタネを探る:連想記憶的なシステムトレーディングエッジの探索

立会外買付の検証を続けていく中で、芋づる式に様々な概念に出会う。 状況区分でいえば、立会外買付単体で行われる場合と、一連の自己株式取得の流れの中に存在する場合。 目的区分でいえば、自己株式消却や、資本提携解消、大株主が目先のキャッシュを得る場合。 これらをユニバース選定に用いるか、ベットファクターとして用いるかはIR資料やデータと戯れなが・・・

決定木の交互作用による弱エッジの有効活用を考える:聖杯システムは身近にある(4)

記憶が確かであれば、土屋氏は決定木の第一分岐用ファクターに「セクター」を使っていた。 なぜセクターなのか、恥ずかしながら即座には理解できなかった。 当日の製氷皿の例えや彼の他のDVDを咀嚼すると、市場における投資資金はセクターやサイズ内で還流しているとのこと。 つまり、自動車セクター内の銘柄を売った資金は同一セクター内の銘柄購入に充てられ・・・

決定木の交互作用による弱エッジの有効活用を考える:聖杯システムは身近にある(3)

決定木で分析を行う際、よく見かけるのがデータを放り込み、そのままの設定で木を成長させるというものだ。 そして何の工夫もないまま生成させた木に対して独善的な解釈を加えていく。 実際、上記のような使い方しかできないツールも多く、ツール開発者側も分析の本質を理解していないと言わざるを得ない。 あるツールがバージョンアップされたとき、分岐させる変・・・

サブコンテンツ

超極秘手法プレゼント!

驚天動地!
ストップ高を先回りする方法
フルバージョン動画は メルマガ にて無料プレゼント中!

トレードスクール需要調査経過

システムトレーダー兼コンテンツマーケター兼データサイエンティストがお送りする超上質な講義とハイレベルで情熱的な仲間が集う日本一の学び舎
「HighFAIトレードスクール」

スクールカリキュラムのご案内

第八期開催の需要調査を実施中!
「トレードスクール需要調査」

次期開催希望者 9名/16名

開催希望者が16名に達し次第オリエンテーションを実施します。 本物の学びを得、トレーダーとしての飛躍を遂げたい方は是非!

過去のトレードスクールの模様

HITPメンバーブログ

Factatics_Fund
現役トレーダーが熱く語るハイレベルトレード術
週株!TAのイベントトレード研究所
イベント投資(株主優待投資法など)を検証研究しているブログ

このページの先頭へ